中古マンション住宅ローン-購入時に必要な諸費用とは?

不動産の購入には、ローン契約時の保険、登記費用にはじまり、引っ越し大、家具、家電の購入など様々な諸費用が掛かります。
新築マンションの購入の場合、マンション販売会社の提携ローン等を利用すれば、諸費用も含めてローンを組める場合があります。
特に販売促進の一環として、頭金不要等を謳っている新築マンションであれば、そういったことも可能でしょう。
しかし、中古マンションをローンで購入する場合には、諸費用や仲介手数料などは現金で用意する必要があります。
その中でも新築マンション購入との大きな違いとして、不動産販売会社に支払う、仲介手数料があります。
仲介手数料は物件価格の3%+6万円が上限となっていますが、なかには手数料半額などのサービスを行なっている不動産屋さんもあります。
中古物件は、どこの不動産会社でも扱えますので、手数料が安いところを探すのも良いかと思います。